手術給付金の選び方

テクスチャー16

 

現在多くの保険会社から発売されている医療保険には手術給付金があります。所定の手術を受けたときに保険金が給付されるというものです。各保険会社によって大分違いがあります。

 
現在、医療技術の進歩により手術方法も患者の体力回復を優先し負担が少ない方法が選択されています。入院日数も短くなっており、医療保険の選び方が難しくなっています。

 
手術に関する給付金は手術の難易度に関わらず一定額を給付する保険、約款に細かく手術の方法が規定されており入院日額の5倍、10倍、20倍、40倍など細かくランク付けをして給付するなど保険会社によって様々です。

 
医療保険に加入するときに、自分がどのような手術を受けるかわからないため、加入する保険の選び方が難しくなっています。一つの考え方として地域の医療体制などを参考にする方法があります。

 
居住している地域によって受けることが出来る医療サービスが違うので自分の保障と地域の実情を考慮して選ぶようにするといいかもしれません。大都市では手術を受けることが出来る病院が数多くあり、術式の選択肢も数多いですが、地域によっては術式が限られて、緊急を要する場合は選択肢が他にないなどの状態も考えられます。サラリーマンで転勤族などの場合は、同僚などがどんな保険に加入しているかを確認してからでもいいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。