年代別、入院日数の平均

病気やケガで入院した場合の平均入院日数は年代別で統計がでており、0~14歳8.5日、15~34歳12.1日、35~64歳26.2日、65歳以上になると40日を越え、75歳以上になると50日近くなります。

 

その原因としては年齢が上がるごとに病気にかかる可能性が増すのはもちろん、「認知症」や「アルツハイマー病」など入院が長期化しやすい疾病にかかる確率が高くなることが挙げられます。

 

上記の2つの疾病については、入院日数が200~300日を越えるため、医療費の負担も相当な額になることが懸念されます。

 

年齢が上がるごとにそのリスクが高まるということは保険の金額もその分上乗せされるということです。

 

そのため、若く、り患リスクの低いうちに保険に入っておくことが月額の保険料を安く抑える一つの手だてになります。

 

なお、若年層でも認知症の発症リスクは0ではありませんし、ストレスの多い世の中で「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」という平均入院日数が500日を超える病にかかる危険性はどの世代にも共通してありますので、長期入院への備えはいずれにせよ若いうちから良く考え、万全にしておくのがよいのではないでしょうか。

テクスチャー15

コメント

コメントを受け付けておりません。